アクセス解析
【落武者魂】 ロングライド
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

2011年オダックス埼玉走行会(常識的なやつ)

 2011年も大詰めなのか、オダックス埼玉の走行会に参加してきました。なにぶん走行会参加は初めてというビギナーなので、まったりコースをチョイス(読んでる人は限られてるだろうから、どんなコースがあったかなどは割愛します)。集合場所が巾着田というところなんだけど、ここからのスタートは初めて。googleさんに聞いたら2時間弱かかるよ、と言われたので早めに起きて普通にドライブしてったのだけど、1時間ちょっとでついた。つうか家の駐車場でナビに入力したときから予測到着時間がそのくらい。早起きするんじゃなかった・・・。早起きするたび寿命が縮まる呪いを受けているのに・・・。

 考えてみれば、サイクリングイベントへの参加なんてPBP以来。もうすっかり寒いかなーと思っていたのだけど、天気予報的には温かいらしいので薄着にしてみた。それははたして正解で日中には暑いくらいでした。

 さて、スタート地点でがやがややっていたらほぼ最後方からの出発に。まあいいんだけど。ちょっと走った先で汗だくになりかけたのでウィンドブレーカーを脱ぐ。そして発進しようとしたら泥除けがつま先にあたってぐにゃり。直すのに相当手間取る。これがあるからフロントフェンダーは使いにくいんだよねー。これで正真正銘のびりっけつになりました。

 さて道はいい感じで山の中を縫っていき、おなじみの名栗へ。そのまま山伏峠へ向かいます。



 ほどほどの斜度でほどほどの距離。そう高くもないのに堀の深い地形が特色かな。



 秩父側へ抜けていったん駅まで下ります。ギア比があれなんで50km/hくらいで足がまわりきってしまう・・・。正丸トンネルから駅までは観光・輸送その他のトラフィックが多いので少々注意。駅を過ぎると普通の地方幹線ぽくなっていきます。そして小鹿野でチェックポイント。はぐれてしまった同行の方々を待ってから小鹿野名物わらじカツをたべに鹿の子というお店へ行きます。



 次のPCまでは30kmくらいだったかな。途中一箇所峠っぽい上りがあってその頂上でいったん集合。再スタートしてあっという間に到着。



 あとは残り60kmくらい。暖かいうちに帰るよーといくつか名も知れぬ峠を越える。松郷峠は聞いたことあったけど初めて越えた。どこにある峠なのかあとでググッてみることにする。



 鹿の子から何も食べていなかったので失速したりしつつシロクマパンにもよってからゴール。スタッフ&協力の方々がおいしいスープを作って待っていてくださいました。うまー。



 おしまい

はじめてのやなぎさわ

 今年の秋はやたら暖かい。でもそれもこの週末までだという。そこで松姫峠に行こうと思っていたのだけど、急遽変更して柳沢峠へ向かうことに。柳沢峠は青梅街道をひたすら走り続け、関東と甲斐をへだてる山塊にある峠。自宅から往復すると余裕で260kmを超えてしまうので、帰りは鉄道といたしましょう。まずはいつもどおり福生南公園を経由して奥多摩湖方面へ。青梅側から奥多摩湖へ行くのは久しぶりだ。



 ちょっと陽がさしたりささなかったりする空のもと、奥多摩湖湖畔を走る。交通量は少ないが、道幅にはまったく余裕が無い。この道沿いには意外といくつもの小集落がある。小河内ダムの下に沈んだ村から移転されてきたのだろう。ただ、前述のとおり、余裕のない道に面しているからお店や宿に入りにくそうなんだよね・・・。走りやすいワインディングロードのつもりで走っているクルマは少なくないし。



 小菅村へと登っていく。こちらがわから進んだことは初めてなので景色が新鮮。松姫峠を越えてくるとここは一気に下っていくだけの区間になっちゃうからねえ。なお、奥多摩湖湖畔から先の様子は知識に乏しいので奥多摩湖畔で昼飯を摂りました。



 道はけっこう手直しされている。ここは東京の水源地ということもあって延々奥地まで整備されているようだ。ただし、奥多摩を過ぎると急速に人里離れていく。民家も何も見かけない。なんだかわくわくする。



 ひたすら登り。斜度は厳しくない。いったいどのくらい登るんだろう。事前に調べて来なかった。1000メートルくらいかなー?



 ガードレールから覗き込むと、綺麗な渓流が白く流れている。ずーとそれが続く。



 とっくに都民の森や松姫峠の標高を超えているのに空が広がらない。景色が見渡せない。なんという深山幽谷。だんだん気温も下がってきた。電光表示器が15度を示している。今日の僕の軽装ではそろそろきつい。止まると冷える。幸いなことにひたすら登るので冷えることはないが。

 そんなこんなで1500メートル近くまで登った。ふと見上げると小さく切り下げられた切通しが見える。その先は真っ白に空が広がっているようだ。峠に到着した。



 峠からはかろうじて富士山の頭が遠望された。茶屋もあるのでおしるこを食べてすこし休む。それからはひたすらの下りだ。先行するクルマがそれほど速度をあげられないので後ろのついていく。おかげで寒風の直撃を避けられている感じ。高度が下がっていくとだんだん気温があがっていきここち良い感じに。そのまま塩山駅から特急かいじにて帰宅。

 はじめてのルートをのんびり行くのって楽しいね。

大町ライド

10月の頭に大町に行ってきました。長野県の大町。木崎湖など美しく小さな湖がアルプスのふもとに配されたよいところです。以前、糸魚川ファストライドというイベントがあったとき、ここまでは延々と幹線道路、そしてここから先が狭いトンネルが続くエリアというちょうど合間にあるちょっと気が休まる場所でした(糸魚川ファストライドは大幅にコースが変更されるといううわさです)。

 この美しい町でぐるっと100km前後のライドが予定されています。今年は試走会ということになったのですが、縁あって参加してきました。













 コースは山あり谷あり・・・ですが登りも長くは無く斜度も適度(タンデムで走ってるので間違いない)。今年のコースがそのまま来年につながるかはわからないので「写真はイメージ」ですが、開催されれば楽しいライドになりそうです。ただ、輪行だと若干行きづらいかな。あと、毎年そうなのかはわかりませんが、かなり冷え込んでいて未明には0度くらいだった模様。走り出した八時半くらいには10度越えるくらい?お昼には温かくなりました。ウィンドブレーカーは必須。日本海から駆け上がってくる北風は馬鹿にできません・・・。

 来年を楽しみに待ちましょう!

PBP準備 2

 PBPまで一週間となった。私たちはちょっと前からフランス入りする予定で荷物をまとめた。自走で空港まで行って飛行機に乗り、自走で空港からホテル(スタート)へ向かう方もいらっしゃるだろうが、私たちはそんなにストイックではないので荷物は少なくない。ほぼフルサイズのスーツケースが4つ。ANAで向かう予定なので重量は23kg(エコノミー)以内2個に納めなくてはならない。ちょっと前までは欧州線はもっと許容される荷物量が少なかったので、この春にあった改訂は非常にありがたい。これまで北米線を使ってたのと同じ基準であり、であれば同じパッキングの量は問題ないはずだ。

 しかもスーパーフライヤーズカード(JAL系でも同じようなサービスがあるはず)を持ってると荷物は1個あたり32kgでさらに一個追加できるので、まあ荷物サイズ以外で問題になることはまずないはず。というか、30kgのバッグをいくつも持ってくと現地で身動きがとれないのではないだろうか・・・。

 自宅から空港までは宅配の空港宅配サービスを利用する。自宅まで取りに来てもらって、受け取りは出発ロビーだ。欧州線なら自宅から到着先の空港まで一気に運んでくれるオプションもあるようなのだけど、最後につめこみたいものもあるのでそれは利用しなかった。帰路は到着階の端っこに受付カウンターがあります。

 しばらく悩んでいたのはパリのシャルルドゴール空港からホテルまでの移動。巨大なバッグ4つをごろごろ転がしながら地下鉄を乗り換え乗り換え行くのは難しそうだ。最終的には乗合シャトル(予約制)を利用することにした。タクシーよりは随分安いが、荷物の許容量には注意。現地系日系いろいろあって料金体系も様々。

 さて、今残っている問題は宿泊しているホテルからドロップバッグ受付の場所までどうやって運ぶかだな。背負いと荷台を利用してなんとかするしかない。途中でPBPの出走登録もしなくてはならないから厄介だが、なんとかなるだろうと思っている。

 来週のブレストは雨模様のようだ・・・。

PBP準備 1

 4年に一度開催されるブルベの祭典「Paris-Brest-Paris」。通称PBP。1230kmを90時間(カテゴリによる)の制限時間内に走り切る長距離サイクリング大会です。今年は8月21日から25日にかけて催されるのですが、これにタンデム自転車で参加します。前回の2007年にはkazさんとtomoさんというご夫婦がタンデムで完走されているので、そのタスキをつなぎ全国30万人のタンデム自転車愛好者(当社調べ)の夢を載せて走ります。

 で、いまのところ準備として自転車を分割して箱にしまったところ。こんな感じで。海外輪行で一番厄介な空輸の部分がケースに入れて運べるので随分楽になります。今年からANAの欧州線も預け入れ荷物の扱いが北米線と同じ条件になったようなので、今まで通りやればまず問題ないでしょう。

 問題なのは現地の気温とトイレ。この猛暑の日々からは想像できませんが、PBPのコース上では最低気温8度とかもあるとか。しかも天候も不順のようです。マジカヨ。夜はレインジャケットを着てればいいんじゃないかという思いと、長袖厚手ジャージを持ってくべきという考えが戦っています。ウェアを4セットも持ってくのでこれに長袖を加えるとサイクリングウェアだけででかいスーツケースが埋まってしまう・・・という悩みも。そんなに着替えなければいいという意見もあるとは思いますが、清潔で楽しいサイクリングを目指しているのです。清潔といえばトイレ。ずっと心配していたのですが、やっぱりフランスのトイレは厳しいよう。PCのトイレはスタッフが頑張って清掃していたという情報もあるので信じたいところですが・・・。ちいさいのはどうでもいいとして、でっかいやつですよね・・・。基本的に便座は無いのと、水を流す時に気をつけろと在仏の知人からアドバイスを受けました。あとトイレットペーパーか。いやだなあいやだなあ。

 だいたい私がタンデムで出場しようと思い立った理由のひとつがトイレ問題なのです。過去にトイレで苦しんだブルベがいくつかありました・・・。SanDiegoのHoneySpring600km、同じくOldtown1000km。英語で「大がしたいんだ!」ってどう言うのですかね。そのときは「Big one!」って言いましたが・・・。それからもっとも悲愴だったGRR1200km。当時の私のブルベはトイレブルベだったと言っても過言ではありません。もはやPTSDです。帰国後はそれほど(トイレ的に)危険な目には合っていませんが・・・北海道1200kmで少しばかりかな。まあ、過去の事例からすれば(トイレ的に)全然余裕でした。

 で、なんでトイレ問題でタンデムなのかというとですね、PBPのトイレはキツイ、並ぶとさんざ聞かされていて、どうしたものかと思っていたところ、タンデムは一般自転車よりスタート順が早いという情報がはいったわけです。まあ、今年はそうでもないようなのですが過去はかなりスタート時間が違ったよう。とにかく、早い時間帯にスタートできるということは参加ライダーのボリュームゾーンに飲み込まれる前にいくつかのPCのトイレに到達できる。つまり比較的汚くなっていない状態かつあまり並ばなくていいのではないか、という淡い期待です。落ち着いて考えればそううまくいくはずもないのですが、まあ、そこに一縷の望みを見出したということ。

 ただし、タンデムで参加ということはもうひとり乗員が必要。そこで急遽、我が細君がブルベライダーに仕立て上げられ、2011年に初めてのSRを獲得させられました。よく考えると可哀想・・・。でも滅多にできない経験ができるので嬉しいに違いありません。うらやましいなあ。