アクセス解析
【落武者魂】 Oldtown1000k そのぜろ
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

Oldtown1000k そのぜろ


 200、300、400。ここまではいい。100km刻みというのは気軽に登れるステップ。次が600。この200kmの差は少し障壁があるけどなんとかなった。でも「400より600の方が眠れる分、楽」という気持ちにはなってない。なにしろ僕は寝るのが人一倍好きなので、1時間2時間といった単位の睡眠は性に合わない。それにシャワーも浴びて新しいウェアも着たい。それはおいておいて、その次は600から400のびて1000。1000キロブルベ。ACPが認定するPBP以外では最長距離。「1000kmを75時間以内で走破しなさい」。

 ただでさえ辛い600から、さらに400。なんで800kmブルベは無いのだろうかと愚痴りつつもエントリーを決めたのはいつだったろうか。とりあえず2月から使い始めたセラアナトミカのサドルによる「尻イタ不安回避」と「エントリーは30人まで」というコメントに後押しされてレジストレーションをしてしまっていた。結局11人しかエントリーはなかったのだけど。

 コースはなかなか発表されなかった。しばらくして試案が、そして一週間前に試案通りで決定されたことが伝えられた。コースは上図にあるようにサンディエゴを基点とした3LOOPs構成(ブルベルール的にはスタート/ゴール地点を通るコース設計はNGっぽいのだけど、ちょくちょくみかけるしRUSAもACPも認定しているのでケースバイケースなんだろう)。

 距離はそれぞれ330,320,350、となっていて、獲得上昇量は4500,3000,1500くらいのようだ。最後のループは風の影響が強いだろう。風については南カルフォルニアではおおよそ見当がつく。海から内陸へ、西から東へ。やや北より。それが大原則。天気の移り変わりもそれに従う。

 今回は、この際だからできることは何でもやっておこうという覚悟。ブルベのために初めて宿をとる。前泊もあわせ4泊分。毎日風呂に入って毎日ベッドで寝てやる(※)。部屋があるなら毎日着替えられるウェアや工具、補給物資も蓄積できる。ネットも見れる。すごい。「快適ブルベ」で世界を狙おう。
※道ばたでの仮眠は日本より遥かにリスキーだ。砂漠地方の冷え込みもあるが、なにより野生動物や”人間”の襲撃が怖い。

 ルート上にスタート地点をのぞくCPの数は「8」。平均CP間距離はなんと125km。キャメルバッグの投入も決定。LOOP1の右下、メキシコ沿いは文字通りの砂漠。単独走になってしまったときの命綱だ。

 いっときは「自転車の交換」まで考えに入れた。山岳ではアイドルを使う、とか。いやいや最後に使おうか、とか。結局洗車の手間が二倍になるのでそれはやめたのだけど。

 しばらくの間、僕はループごとに20時間かけるとして60時間の走行時間、あまりは15時間もあるから、毎周回ごとに5時間寝ても間に合うじゃないか、などと思っていた。すっかりCPのクローズ時間を忘れていたのだ。結果、CPのクローズ時間との戦いになるとは思っていなかった。

 ロングライドといえば「距離感が壊れる」というのがよく出る言葉だけど、個人的には距離より時間のことを考えて走っている。「あと60kmあるな」ではなくって「あと3時間かかるのか」とか、そういう具合に。3時間なら、まあ、それほど遠くはないのか、とか。

 それを距離感の崩壊というのか。
関連記事
スポンサーサイト



UserTag: * 

コメント

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする