アクセス解析
【落武者魂】 タンデム輪行とアムトラック旅行記 2

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンデム輪行とアムトラック旅行記 2


 ビジネスクラスと言っても、一般車両と違うところはあまり感じられず・・・。ですがドリンクと乾きものセットがもらえました。どちらも一回限りだそうですが、マシューが乗務員にドリンク御代わりを頼んだら「いや、一回だけなんですよ」と言った後「秘密だぜ」と持って来てくれました。ありがたい。もう一枚の写真は全席にそなえつけの「脱出のしおり」。まるで飛行機のよう。

 


 とだらだらしているうちに、PCHランドナーズの根拠地ベンチューラを通り過ぎて海沿いへ。ここからしばらく最もシーニックなルートになります。平行してPacific Coast Highway(101号線)も走っていて、ブルベなんかでもちょくちょく走るところ。自転車からアムトラックを眺めたことは何度も会ったけど、その列車に乗ることがあるとは思わなかったなあ。

 


 浜辺で犬とかける少年。「よ?し!タケミカヅチ、とってこい!」っていう感じです。すこし浜辺からはずれてサンタバーバラの街へ。LAより早く発展し、映画の街であったこともあったそうですが、地形上街を広げることが難しく南加の中心はLAに移ったそうです。現在でも有名な観光地でフェラガモなどどは、ここに集うリッチ相手にブランドを立ち上げました。駅はこじんまりとしています。

  


 そうこうしていると車内には空席が目立つように。乗ったときはほぼ満席だったのですが。二階建て車両の一階にあるトイレは車いすでも利用できるようにとても大きなスペースが用意されています。ただその分、客室スペースは狭くなってますね。たいてい一階は足腰の悪い方のために予約とされているか、そうでなくてもやはり人気は二階なので乗っている人もあまりいません。

 

 太平洋に陽が沈みます。なんだかあるときから急激に天候が悪化しはじめてあたりは真っ暗に・・・。どうも大規模な山火事が発生していてそのせいで天候が不安定になっているとのこと。明日はすこしばかり雨が降るかもしれないという話でした。やがて他の旅の仲間たちも集まりパーティムードに。何も食べるものも飲むものも無いけども。なんでも来年夏はPCHランドナーズでも1000kmブルベを開催するとのこと。サンフランシスコ南のサリナスから海沿いを南下一本道でサンディエゴの方(なんとかビーチって言ってた)まで。7月前に開催予定だそうです。いろんな意味で修行色は薄いと思うので、読まれている皆さんも是非ご検討を(w 特に「海が好き」な人向け。

 


 バカ話をしているとサンルイスオビスポへ到着。小さな駅です。駅前商店街なんかありません。自転車を組み立てて、明日へ備えます・・・。

 おまけに帰りの様子も。帰りはカマリノというサンタバーバラ西方の街から乗車しました。通勤駅で特に面白いものはありません。列車到着ぎりぎりで駅についたので走りまくり。非常に幸運なことに、貨物車両に分割もしないタンデムを預けることができました。分割が必要だったら確実に乗り遅れて3時間半待ちになるところ。間一髪。



 帰りの編成は一階建て車両で構成されていたのですが、食堂車があり二階はこんなテラス席に。素晴らしいね。でもアムトラックの窓はどれもやたら傷つき汚れているのが残念。ロサンゼルス駅ではターミナル駅(なのでどの列車も通り抜けせずに折り返します。わかりにくい表現ですみません)ということもあり2?30分程停車します。マシューが「この駅は古き良き鉄道時代のものなんだ」と案内してくれました。

 


 車社会中の車社会として知られる南加ですが、最近では鉄道復権の動きもあり市内では新設路線の建設があちことで見られました。都市間路線(アムトラック)の経営は難しいままのようですが、都市近郊路線の整備は急ピッチで進められているようです。

この項 終わり
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。