アクセス解析
【落武者魂】 LA300km RUSA 試走
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

LA300km RUSA 試走


 今 回のコースは南カリフォルニアの入り口にあたるサンルイスオビスポからPCHRandonneurs主催者自宅のあるMoorparkまでの300km。 10月の600kmブルベの後半、来年の1000kmブルベの中盤とほぼ同一のコースになるはず。もっとも他のブルベなどでもちょくちょく走る場所が多く 含まれているので、コース内容はだいたい見当がついている。

 た だ自分として新しいのは、これが一方通行のブルベだということ。だからスタート&ゴール地点にクルマを置いておけない。さらに本番ではなく「試走」、つま り事前確認のためのスタッフライドに加えてもらう形のため、あらゆるサービスもない。荷物をスタートからゴールへ運んでもらえるとか、預かってもらえると か。全部自分で運ばないとならない。

 今 回も細君とタンデムで出場です。コースはゆるやかだし、主催者であるグレッグ夫妻もタンデムで一緒に走れるのを楽しみにしてくれたし、試走とあって確認し ながらだから速度も遅いでしょう。さらになんと言ってもキャリアをつけています。それにパニアバッグを二つつけておけば二泊三日分の荷物なんかちょこざい なってもんです。

 さ て、アムトラックの旅の後、コース責任者のヴィッキー宅でステイさせてもらいます。天候不順のせいか、これがやたら寒くって寒くって二人とも寝られない。 5時に起床したものの寝た気がまったくしません。けど「寝た」「寝不足は肉体的ポテンシャルに影響を与えないのだ」と言い聞かせて出発。

 ス タートに手間取って20分ほど定刻から遅れました。まだ暗い町を抜けていきます。正直寒い。8月半ばなのに何でこんなに寒いんだ!というくらい寒い。ウィ ンドブレーカーがあってほんとによかった。聞くところによると、大規模な山火事が発生していて、そのせいで気流が乱れたりなんたらで寒いのだそうです。ポ ツポツ、程度ですが雨も。早く日がでないかなあ。

     

 今回渡されたキューシートは、何カ所か赤い文字で記されているところがあり、つまり要確認となっています。そういったところでは立ち止まったり、走りながら OKか否かを話し合ったり。たとえばレシートでチェックする予定のCPが、行ってみたら開店時間が遅くって使えそうにない、とか、ここは町にあるどの店の レシートでもよいことにしよう、あるいはインフォコントロールとしてクイズを設定しておこう、など。郊外では24時間営業の店はほとんどなく、GSさえも クローズしてしまうのでなかなか面倒そう。

 コース責任者が女性とあってか、コース上の公衆トイレも確認しますが、やはり昼間だけ開けているものが多く、あるいは予算削減を受けて閉鎖などなかなか難しい。しかたなく農園がずっと続くところで、農家が設置しているとおぼしきトイレがあったので拝借・・・。

   

 今 回の旅の道連れは7人(5台)。コース責任者のヴィッキーはとてつもなく速い女性ですが、あとはへっぽこです。グレッグ&リサのタンデムや”羊飼い”バー ニーなんかは1200kmクラスをいくつもクリアしているはずなのにとてもそうは見えません。つうかヴィッキー以外はあのフレッシュどたばた道中の連中 じゃないか。がんばれバーニー!君の実力はそんなものじゃないはずだ!

 さ て、サンルイスオビスポからロンパックまでのあたりはオランダ系移民が多い地域で、観光資源としての「オランダ風」で売り出しています。ワイナリーとオラ ンダ料理、がここの名物ですがワインはともかく、以前にこの近辺で食べたオランダ料理は”名物にうまいものゲフンゲフン・・・”。

   

 し かし休憩が長い。ふつうに一回1時間の休憩が入ります。ゆっくり休んでゆっくり食事。いつものブルベと違うなあ、と思っていたら中盤くらいから「これは遅 すぎる」と言う話に。でもサンタバーバラでも1時間以上の休憩をファーストフードでとります。最後もベンチューラでゆったり晩飯。さすがに胃がもたれて辛 い・・・。

   

 もともと、このメンツこの目的(試走)ということで18時間を見込んでいましたが、まさに18時間かかってゴール。そのまま主催者宅に泊めてもらいました。

   
   

 期 待していた追い風ブーストは無かったものの、危惧していた灼熱地獄はむしろ寒いほどでほどよい気候。コースもほどよく田舎、ほどよく都会で楽しいサイクリ ングでした。最後の方ではなんだかみんなで真っ暗な道をコーラスしながら走っていたりと、また新しいブルベを体験できた今回の300kmでした。

今秋の600km、来夏の1000km、どうです?走ってみませんか?イージーかつ最高の景色が楽しめますよ!

  




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする