アクセス解析
【落武者魂】 国際シューペル・ランドヌール賞

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際シューペル・ランドヌール賞

附則1:国際シューペル・ランドヌール 賞
国際シューペル・ランドヌール賞は1991年にオダックス・ユナイテッド・キングダム(AUK)により導入された賞で、現在もAUKが管轄している。RMの会長によって認定されるこの賞は、自国のみならずRM傘下の諸国のRMイベントへ参加しようというランドヌール・サイクリストの活動を認め、奨励するために作られた賞である。国際シューペル・ランドヌール賞への登録書と申請書についてはAUKに問い合わせること。
--ランドヌール・モンディオ規定



isr.jpg

しばらく家を空けている間に届いたのがコレ。国際スーパーランドナー(International Super randonneur/以下ISR)賞の認定済みブルベカード(と写ってないけどワッペンとお手紙)。ISRはRMが認定する称号にして、とってもマイナーな賞。実態としてはAudaxUKの方がコツコツと認定作業を行っているようだ。認定条件を満たしている人も、あまり申請はしていないようで認定人数は少ない。
※申請と認定に関してはAJもACPも関与しない。

▪️条件
SRを構成する四種のブルベ(200,300,400,600)をそれぞれ別の国で完走し、認定を得ること。ただし、オプション条件がいろいろある。

▶︎距離
例)
一般的なSR(2,3,4,600)ならば無印
600×4なら600
1000×4なら1000
1200×4なら1200
※600,1000,1000,1000でも600として扱われる。

▶︎場所
大陸(エリア)にまたがるごとにxCのxの部分が増える。
例)
フランス、ドイツ、イギリス、イタリアなら無印(1c)
フランス、ドイツ、イギリス、アメリカなら2c
フランス、ドイツ、アメリカ、オーストラリアなら3c
フランス、日本、アメリカ、オーストラリアなら4c

僕は確認してないけど、この場合の大陸(エリア)区分は欧州視点。ヨーロッパ、アジア(トルコ以東?)、南北アメリカ、オセアニア、アフリカっぽい。

こんなものは一回しか狙えないだろうと、これを知ってからずっとISR 1200-4cを目指していた(認定を得ている人もほとんどが1200だけで構成している)。GRR、PBP、北海道でみっつまでは済んだのだけど、その後はCascade(北米)行ったり、オーストラリアのSMAを失敗したりで遠回り。SMAはトラウマになるくらい過酷。かつオーストラリアでは中堅難易度と言われて”無理”とも思ったけど、去年秋のPAPでなんとかケリをつけることができた。

申請方法はAudaxUKのサイトに。本来は事前にISR用ブルベカードを送ってもらうのだけど、すべてが終わった後でもOK。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

*

国際ヘンタイ賞ですね。

おめでとうございます(^_^;)
2015/03/31 【けーこ】 URL #81/lD5GQ [編集] 

*

あ、ありがとうございますw
2015/04/04 【さとう】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。