アクセス解析
【落武者魂】 PAP1200 第三日 ウィリアムズまで 約320km

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAP1200 第三日 ウィリアムズまで 約320km

DSC01291.jpg



 オールバニの次のコントロールは「クラレンス山の記念碑」なるところ。参加者のしおりにはオープン-クローズの時刻が記されていたので、数キロしかないうえに頂上PCなのに? と思っていた。オールバニをぎりぎりで出たら確実にタイムアウトじゃん、と。実際には通過チェックのみ。ただ・・・平均斜度が10%以上で、最後の数百メートルは20%を超える(と後から聞いた)。その最後のセクションは舗装の色も変わっていたので躊躇無く自転車を飛び降り、押して歩いた。ここで脚を使うわけにはいかないのだ。

DSC01258.jpg

 この記念碑はANZACのためのもの。ANZACとはオーストラリア・ニュージーランド連合部隊。第一次世界大戦に大英帝国の同盟国として欧州の戦線に送り込まれる連合部隊は、ここオールバニの泊地で集結して西へ向かったそうだ。当時のオールバニは西オーストラリア最大の港だったのだという。記念碑の上には助け合う両国の騎兵像があるそうだけど、真っ暗で何も見えなかった。
 しかしなんというか、このPCはここから朝日を見るためのものなのだろうけど、よほど遅れているか、脚が強さにまかせてゆったりスタートするかしないとただの暗いPC……。光のトンネルのごとく設置された街灯などがあって奇麗なところもあったけど。

DSC01266.jpg


DSC01271.jpg

 日が昇ると暑くなってくる。スターリングランチ国立公園のPCは当初と場所が変わったとのことで迷う。キャンプ場に設置予定が、その数キロ先の道ばたの駐車場になっていた。トイレも日陰も無い。薮に入って用を足そうとするといきなり無数のハエとアブ?のお出迎え。超コワイ・・・。
 とはいえ、道中ではハエもカンガルーの死体も心配したようなことはなかった。初日の夜だけだったな、カンガルーの死体がごろってたのは。ハエもほとんどいないと言っていいだろう。去年に比べれば天国だ。シドニーメルボルンはトラウマ級だよ・・・。

DSC01268.jpg


  次のPCまではずっと北風に悩まされる。ほとんど遮る樹木も無いので吹きさらしだ。そして路面は荒く手の痺れがきつい。足の親指がペンチでつぶされるように痛みだしたのもこのあたりだ。この痛みは久々だが、キツい。伊勢1000での手の痺れは収まって来たようで、やっぱ収まらない。こんなことしてちゃ当たり前だけど。先週からの風邪はこの日はほとんど咳き込むことは無かった。

DSC01276.jpg

 Gnowangerup(ノワンギャラップ? 読めんw)のコントロールでお昼ご飯。西部劇にでてくるようなド田舎の街。スポーツ公園の建物でボランティアの方々が作った食事をとれる。ホールのはじっこでゴロゴロしてたい衝動に教われるが、それをふりきって出発。次はカタニングか。向かい風は相変わらずで、景色も相変わらず。鉄道の路線が加わったくらいか。一回の走っている列車は見なかったけど。途中に小さな停車場と町があった。だいたいこういう田舎町は人の気配が無いのだけど、その小さな町ではコースの脇に自動車のテールゲートに腰掛けた家族が手を振ってくれていた。なんか嬉しい。ただ、参加者もまばらに走っているから、よほど退屈なんじゃないかと思うけど。

DSC01272.jpg
※PBPのオフィシャルのオートバイはロード系だけど、PAPではアメリカン系。

 ロードトレインについても記しておこう。オーストラリアでは鉄道の敷設がされていない地域が広くあり、そこではロードトレインというトラック輸送が行われている。簡単に言えば「列車のように荷台車を連ねたトラック」。ひどいところだと全長100m超におよぶこともあるらしい。PAPの間によく見かけたのは荷台車を2〜3台連ねたタイプ。3台ともなると吸引力はダイソンを上回るのでかなり危ない。
 牽引するトラックもかなり厳しいらしく、遠くから独特の加給音(スーパーチャージャーだと思う)が聞こえてくるので身構えることは出来る。オーストラリアの郊外の道路は対向二車線でも制限速度は110km/hだったりするので結構怖い。

DSC01293.jpg

 カタニングは寂れた都会。都会といってもビルがあるわけではないけど。
 PCは公民館の前におかれた机と食事のつまれたテーブル。休んでけ休んでけ、コーラはいるか? サンドウィッチはどうだ? とかやたら親切にされる。なお、このイベント中、唯一のコーラをここで飲んだ。さらに付け加えると、このイベント中、現金は一切使わなかった。クレジットカードも。すべてPCで提供されるものでまかなえる。超オトク。

DSC01296.jpg

 残るPCはふたつ。ワギンとウィリアムズ。どちらも宿泊可能なPCだが、より遠くのウィリアムズを仮眠所として選択してある。最終日を短くしたいのと、ワギンでは早くつきすぎて眠れない虞があるからだ。そのワギンまではリカンベントに乗った若いアジア人と一緒になった。登りではこちらが、下りでは向こうが速い。そしてここは下り基調のセクション。突き放されて真っ暗な道を進んでいると、彼が止まっている。どうしたの?と問うと「月を見たかい?」と。その指が指し示す方を見るとうっすらとした月。
「月食だよ」
 ああ、そうなのか。そういえば昨晩は月明かりがあったのに、今は真っ暗だ。
「月が隠れたから天の川も見えるよ」
 たしかに天の川まで見える。すごい。半径数十キロにわたって人工的な明かりのほとんどない荒野だ。満天に小さな星々が無数に、そして天の川がぼんやりとかすんで広がっている。月はまだ切れ味鋭く細い。しばし天を見上げながら走る。が、実はGPSの電池が無い。予備は使ってしまった。ドロップバッグには沢山あるのだが、なんで昨晩積み込まなかったかな。
 ここからしばらくは一本道のはず。GPSの電源を落として、遠ざかるリカのテールランプを必死で追う。

 ワギンには8時半ごろ到着。ここもそれなりの規模の街らしい。実のところ、このあたりはパース-オーリバニの最短経路近辺なので、街道沿いならばちゃんとした街があるようだ。このPCで休憩はせずにトイレを済ませ、バナナを食ったらパンを握って出発。もう月食は完全に終わっていて満月(だと思う)があたりを照らしている。街灯と都市の明かりの中で暮らしているとわからないけど、満月の月明かりというのはとてもすごい。ライトを完全に消してしまっても問題なく走ることが出来る。木々や自分の影もはっきりわかるくらいに。

 12時ちょうどくらいにウィリアムズへ到着。貯金9時間。5時半に起きて6時過ぎにスタートすればいいかな。5時に起きるように申告している人が多いようだけど、そのラッシュが済んだくらいがちょうどいいかも。じゃ、そういうことで、とお願いして寝袋にくるまった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

* ロードトレイン

ロードトレインのトラックはターボの余剰過給気で別のタービンを回し、その吸気で過給気を冷却するチップタービンファン(TTF)装備と聞きます。元ネタは映画「マッドマックス」の車両解説から。あれもオーストラリアでしたね。
2014/11/08 【ささき】 URL #u/hKjTvU [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。