アクセス解析
【落武者魂】 北アルプス山麓グランフォンド2012
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス山麓グランフォンド2012

 これまで大町ロングライドとして小規模に開催されていたイベントが、名称と体制を一新。さらにコースまで延長。エントリー人数も400人弱と、本格的な大イベントとなって戻ってきました。中止となった去年は、試走という名目で仮コースを走りましたが、今年は一参加者としてエントリー。もちろんタンデムです。しかし北海道からこのかた、まともに自転車なんか乗ってないし、細君は前々日に転んで足を挫いて病院行くしで不安いっぱい。

 前夜は鹿島槍スポーツヴィレッジへ宿泊。ここがスタート会場なので便利なのですが、宿泊施設は部屋ではなくって、寝台車みたいなベッドのみ。まあ一泊二食付きで5000円前後なので仕方ありません。スポーツ合宿なんか向けです。


 天気予報は土曜は雨で、日曜は雨もあるかな? みたいな感じ。土曜は少し標高の高いところで雨になり湿度があがりました。そのせいで夜寝ようと思ったら蒸してしまってなんだか寝付けない。ああ………困ったなあ、と思っているうちに朝に。結局一時間半くらいしか眠れず。また悩みのタネが増えたよ。



 いろいろすっとばしてスタートへ。集合場所はスポーツヴィレッジなのですが、スタートそのものはそこから数キロ下った駐車場に設けられたゲート。スポーツヴィレッジからの道が細くって斜度が急なので、そこはゆるゆると集団で降りていくのです。結構手が痛い。



 アルプスあずみのセンチュリーと同じく、4台ごと、10秒おきのスタート。ここからは仁科三湖の中綱湖、青木湖を横目に見ながら、白馬まで下っていきます。道も広く、ほとんどまっすぐなので、第一エイドまであっという間。




 折り返して60キロコースとの分岐へ。細君にどうしようか聞いてみると、問題にと言うことなので100キロコースへ進むことに。実は100キロコースだと木崎湖を通りません。景色的には仁科三湖を堪能できる60キロコースオススメ。でも、100キロコースには売るほどのヒルクライムが待っています。登りは嫌いだけど。



 道の駅のエイドから本格的に山岳開始。みっつの大きな登りがあります。ふたりとも登りは不得手なので、きっついんですが、空気は涼しいので助かりました。このあたりは平野でもすでに標高が高いので、ちょっと登れば標高1000メートルくらい。東京なんかと比べればずいぶん涼しい。



 エイドもたくさん。一個一個の登りごとにエイドが設置されているくらいの頻度です。ユーミンを大きな音でかけっぱなしのエイドもあったけど、やっぱりスキー場だからでしょうか。



 この山岳セクションを終えると、大町の方へ下り、公園へ。桃とリンゴを腹一杯食べて、大町温泉へ向かいます。大町温泉では、一人一個のパリブレストが配布。パリブレストをパリブレストパリのジャージで食いに来る作戦完了。とてもおいしい。





 さて、ここで残り時間はまだまだ数時間。あっさり終えてしまってはつまらないので、このパリブレストを作っているケーキ屋さんへ。ここにはイートインスペースがあるので、ゆったりお茶ができます。



 さらにケーキセットも食べ、お店の方や近所の方とおしゃべりしてから再スタート。雰囲気のある神社なんかを眺めつつ、鹿島槍まで長い長い8キロのクライミング。ディスクブレーキごろごろのPさんに追い抜かれたりしながら、登ってきます。



 鹿島槍スポーツヴィレッジ手前にちょっとした急坂が待っていたものの、そこをすぎればすぐゴール。結局、雨に降られることもなく、暑くなりすぎることもなく、楽しい一日を過ごしました。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

* リンクのお願い

大会事務局の鈴木です。この度は、ご参加ありがとうございました。パリ・ブレスト・パリのジャージだったとは、、、気付かず失礼いたしました。
早速レポートをあげてくださって、ありがとうございます。こちらのページ、大会HPからリンクを貼らせていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。
2012/09/12 【鈴木幸佳】 URL #- 

* お疲れさまでした。

今晩は、さとうさん。飯澤です。楽しめたようですね。残念ながら僕は、都合があり参加できませんでしたが、前日の土曜日に同じコースを「ひとり北アルプス山麓グランフォンド」をしました。スポーツヴィレッジにも寄って、さとうさん今回も来てるかなと
少し待ってましたが、タイミングのせいかすれ違ったようです。事務局の鈴木さんとは立ち話をして、けっこう佐藤さんの栄誉ある数々の大会完走の凄さを宣伝しておきました。
(そのうち名誉会員になれるかもよ。)
また走りに来て下さいね。
2012/09/12 【飯澤 広道】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。