アクセス解析
【落武者魂】 ひとりみちのく旅。二日目 庄内から秋田
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりみちのく旅。二日目 庄内から秋田

2日目 湯野浜-秋田

 うしお荘には無料で使える全自動洗濯機があったので、前夜のうちに洗濯乾燥を済ませてしまった。すると、同じウェアを着ることができる。なんということか、着替えなんかいらないじゃないか。なんとウェアを着ている分を含めて3セットに、普段着を1セット持って走っている。まあ、洗濯できないということもありうるだろうから、予備のセットは必要だとしても、3セットはいらなかったかなあ。あと壊れてるっぽいACアダプタとかいらんもんが積み込まれてるなあ。まあ、いい。この先は長いし着替えは必要になるかもしれない。走行の振動でACアダプタも直るかもしれない。



 朝食をいただいて、8時ごろに宿を出る。通学の生徒に挨拶されたりしながら、庄内空港の方へ。すぐ脇を通っているのだけど空港は見えない。そういえば、山形県は山形空港と庄内空港という二つの空港を持つ珍しい県だなあ。空港の先は酒田。江戸時代頃までは北前船の経由港として、非常な繁栄を見せた街だ。現在は本間ゴルフとして知られるだけだけど、あの本間家の本拠地。本間家は「本間様にはなれなくても、せめてなりたや殿様に」と謳われたほどの栄華を誇った一族。その財力は庄内藩が維新よりかなり早い時期に洋式軍隊を整えることができた一因だろうし、戊辰戦争でも資材資金の供給源となったという。



 酒田から北上していくと、鳥海山が……見えないねえ。
 しかたがないので、鳥海山へ針路をとって登ることに。そう思って吹浦の町で国道7号バイパスを外れると、予想外の強烈な激坂を登らされるはめに。ちょうど向かいから保母さんに引率された幼稚園児たちがやってきて「Allez! Allez!」と声援をしかけてくれる。それに応えてバイパスを越え、鳥海山へのルートへ。県境まで18kmの表示がでた。



 だいたい標高1000メートル弱くらいかな?
 そう思って登っていると、霧が……強風が……。寒いッ! でも防寒具は無いッ! いや……かろうじてウィンドブレイクベストがあった。風がごうごうとうなると、体感温度が一気に下がる。できるだけ雪壁によったりして、少しでも風を避ける。



 ぐぉおッ! 雪の壁がッ! 強風がッ! なんだかわかんじきを履いて雪山へ分け入ろうという一団がいるのに、こっちは半袖半ジャージ。こういうキャラじゃないのにッ! しかも、どこもかしこも10%の標識。10%-250m間みたいな表示の標識、250mを走ると、10%-90m間、と続いていく。県境までの距離が書かれた看板が立っていたので、そこが鞍部だと思っていたら、そうではなかった。とっくに1000メートルはとっぱしているのに。実は、さらに県境から100メートルほど登ったところが鞍部。その先にビジターセンターなどがあって、食事ができそうだったけど体を冷やして下るのは不味そうな気がして下山を開始することにした。



 この下りもッ! 寒いッ! 死ぬッ! 死ぬぅ~ッと叫びながら下っていく。上りには2時間くらいかかったのに、下るのは30分くらい。あっという間に気温も上がって、ふたたび日本海沿いへ出る。象潟の道の駅があったので、食堂で海鮮丼を食べ一休み。

 国道7号線は日本海沿いをつなぐ幹線道路。新潟から秋田までの数少ない主要道ということもあって、交通量は決して少ないとはいえない。しかも港をつないでいるので大型車が多い。さすがに新潟港付近の恐怖の113号ほどではないけど、ストレスはある。コースは勝手気ままに決めることができるので、側道というか、旧道っぽいものがあると出来る限りそちらへそれるようにした。



 すると、たいていそこには静かな人気の少ない漁村が残っていて、ひなびた佇まいを感じながらのサイクリングができる。そんな物音のない町並みをしばらく走っていると、世界は全て死に絶えていて、今この世界で生きているのは自分だけというような気分にさえなるのだ。



 秋田まで10kmを切っているのに、ずっとそんな感じ。自転車的にはとてもうらやましい環境だ。僕の自宅からだと50km走っても、まだ住宅地が広がっているし、のんびり走れるようなところもロクに無いしねえ。それでも雄物川を越えると秋田の市街だ。秋田といえば岩明均の「雪の峠」。そう思いながらこの日の宿泊地へ。ホテルパールシティ秋田川反に到着でだいたい今日の走行距離は170km。まだ午後4時過ぎなので、チェックインしてから付近にあった旧秋田銀行の建物を見学したり、ステーキガストで一回目の夕食を摂ったりした。



 秋田のホテルを探している時に、やたら「川端から至近!」みたいな文句があったから、ビジネス街かと思ったら夜の街だった。夜の遊びには縁も無いので、暗くなる前に部屋に戻る。自転車はスタッフルームへしまってもらえた。コインランドリーがついていて、洗濯200円、乾燥100円だったかな。

 しばらくテレビを見て過ごす。ニュース番組は世田谷の民家火災なんかがトップニュース。天気予報も渋谷の天気から入る。別に秋田だけじゃなくって、どこでもそうなんだけど……それってどうなの?

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。