アクセス解析
【落武者魂】 耐久試験300km
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐久試験300km

 日中の予想気温2度(佐原)
 天候予報 雨
 予想風速 12m/s

 うむ。

「みんな」を逃さぬよう、twitterで「みんなで走れば楽しいよ」と書いておく。
 これでよし。

 朝。アラームがなっているのに、なんでこんな時間に起きねばならぬのかさっぱり忘れていて、細君に「おい、時間だぞ」と言って起こしてしまう。そうか、ブルベか。嫌だなあ……。雨で風で寒いんだよ? でもまあ、そんなこともあるよな。これが600kmとか、もっと長いライドだったら、途中からの天候急変ってのもあるんだし。そういったときのためにも、経験値を稼いでおいてもいいよな。
 それと自転車。
 去年秋にようやく届いた新車。まだあまり乗っていない。
 新機軸満載でF35状態なアレを、こういう状況下で試しておきたい。ディープリムがどれだけ横風に影響を受けるのかも、知っておきたい。いまのところ、速度の乗った下りで斜め前からの風に煽られるようなことがなければ、言われるよりは問題なさそうだけど。まあ、リム形状にもよるのだろう。

 という感じに自分を言い聞かせる。
 最大限の防寒防雨装備。自転車の装備も試しておこうと、リアにシートポストキャリアとバッグもつける。かなり重量感あふれる車体になった。車に積め込んで家を出る。
 雪の降る中を。


 ついてみると、思っていたより雨は強くなく、風もいままでで最悪というほどではなさそう。



 なさそう……?
 611の千葉600のときは、地面に倒してある自転車が風でずるずる流されたけど、そこまでではない。じゃあ、まあ、なんとかなるのではないか、と自分を説得する。



 ブリーフィングのときに気付いた。
「みんな」は走らないと。
 こんなに楽しいコンディションなのに……。
 ほんとうに走らないの?
 ……そう……。

 出走は60人くらいと聞いた。二回に分けての出発。僕は八時十分のスタート。
 気乗りはしないけど、まあ、ぼちぼち行きますか。

 袖ヶ浦からPC1までは約50km。今回のブルベコースの中ではアップダウンの多いセクション。
 もっとも、ここと最後のセクション以外はほとんど完全なフラットコースなのだけど。獲得標高も大したことはない。何も厄介な要因がなければ、十五時間前後で走ろうと思っていた。
 PC2までは北上し続けるので、まともに風と向い合いになる。今日はどうせ単独走行のつもりなので、サバイバルモードにして体力の消耗を抑えながら走る。ぼっち走り。

 

 千葉のコースと僕との相性は微妙だ。
 なんでか、ミスコースしやすいのだ。去年の600kmでは十回を大きく上回るミスコースを繰り返した。
 今回もいきなり道を行き過ぎまくる。どうしてかなあ、と思ったけど、勢い良く走っているところに小さな追分へ分岐するようなパターンが多いからではないかと感じる。逆に「そうか、ここを行くのか」と砂利道(当然どろどろ)にはいってしまうこともあった。普通に考えて、そんなところ通るわけない。だから当然ミスコースで、涙を流しながら戻ったりする。まあ、この「普通に考えて」たら、今回のコースはクリアできないのだけど。

 走っていれば「寒くない」。
 けっして暖かくはならない。寒くないだけ。今回使用している防雨ウエアは以下のとおり。

ジャケット)モンベルのやつ。みんな使ってるあれ
パンツ)エストロゲンで買った女性用防水ウェア。サイズがあわないので僕が使っている。股上が浅かったり、ひざのツッパリ感があったりする。でもゴアテックスはたしかにいい。
シューズカバー)モンベルのやつ。

 パンツがちょっと微妙。ちょっとずり落ちてくると、自転車をまたぐのに苦労する……。
 他のウエアは埼玉200kmとほぼ同等。すこし学んだのは、フグジャケットの下には厚着しないこと。
 汗がたまってやばいから。

 あと、今回は防水靴下はやめた。なぜかというと、結局水は入ってくるし、防水性能のせいで水が「抜けない」という弱点があるからだ。最後はバケツなみに水が溜まることになる……。人体は防水というけど、ふやけてそのうち破れるからね……。まあ、濡れた靴下でも同じ事だけど。

 さて、PC1についた。なんとあんまんが無い。うーん。しかたないので、バッグにたくさん突っ込んでおいたウィダーインゼリーを消費。ちなみに他には大量のホッカイロも重しがわりに積みこんである。結局使わなかったな。

 PC1からPC2佐原までも50kmくらい。正直、特筆すべきことはない。雨はやまない。気温はさらに下がっていく。天気予報では雪マークさえついていたな。空気がどんどん冷えていくのだけはわかる。佐原まで行けば、少なくとも向かい風はほぼ終わる。はずだ。

 PC2の佐原のコンビニでは、あんまんとごまあんのまんじゅうをゲット。他におにぎりなんかも買い込んで、もりもり食う。ただ、ここ、寒い。風がひゅうひゅう吹いていて、凍えそうだ。手なんかとっくにかじかんでいて、ペットボトルを開けるのも一苦労。ブルベカードを見ると、次のPCは銚子でまたしても50kmくらい。銚子まで行けば、そこからは運が良ければ追い風の世界が待っている。その前にドーバーラインなる強風の危険地帯があるのだけど、それでもなお、佐原まで来れば風に感じては状況が悪化することはない。
 希望はそれで十分。

 PC2からは利根川沿いのサイクリングロードをしばらく走る。
 のだけど、途中から堤防修理の工事が連続していて、しまいには堤防から下ろされてしまった。まあ、SPDのシューズを履いててよかったよ。気軽に堤防を登ったり降りたりできるからね。

 そのまま堤防沿いの道を走る。
 工事現場警備の人に、ここを自転車が通っていったかを尋ねると、何台も行ったよ、とのこと。
 その言葉にミスコースではないと確信してさくさくとペダルを回す。回して回して、やがてこんな景色の中に立っている自分に気付いた。



 このとき、左側の堤防の上に、自転車を押し上げている参加者が。
「この道はありえないと思うんです」と彼は言う。
 僕はGPSの画面をにらんで
「……とりあえず、もう少し先まで行ってきます」と伝えた。
 この画面の先にある橋(奥の方)の歩道へあがる道へつながっているはずだ。
 本来のコースは、堤防上のはずだけど急な工事でこうなってしまっているか、あるいは初めからここを走らせるつもりだったか。とにかく、こんな泥濘の道はすぐ終わるかもしれない。もうずいぶん走ってきたし。
 
 ディスクブレーキにSPDシューズ。
 全然問題無い。
 行くか!

 つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

* 「行くか!」

地獄フラグがピキーンと立ったのを感じました(゜Д゜)
2012/03/12 【ささき】 URL #u/hKjTvU [編集] 

*

お疲れさまでした!後ろのディスクは装着を忘れる程気になりませんでしたが、フロントが風に翻弄されました。次回道志はユーラスに戻ります。。一緒にウェーブスタート先頭に立てて光栄の極みでございましたっ!
2012/03/12 【takashi0523@ピクサー】 URL #- 

* お疲れ様でした。

いや、利根川堤防はもっとまともな状態のはずだったんですよ。
試走の時も予告あったのはごくごく一か所で、
迂回路ちゃんと出ることになってたし(--;;
2012/03/12 【U-ki】 URL #Rs0PvfCA [編集] 

*

>>ささきさん
もうどうしようもない状況になってくるほど、なんかわくわくしてきます。
でも、その脳内物質が切れると……。

>>ピクサーさん
あっという間に視界から消えてったじゃないですか(w
近くに居た参加者から「あの人達にはついてくな!」と叫ばれましたよ(w
そして、なんでユーラスに戻っちゃうんですか~
2012/03/12 【さとう◎】 URL #- 

*

>>U-kiさん
あのときは「そうか、こういうコースなのか。これは熱い!」とか盛り上がってました。だって、それはそれでおもしろいじゃないですか!

すでにミスコースで農道も走ってきてたし(w
2012/03/12 【さとう◎】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。