アクセス解析
【落武者魂】 ミラノの博物館
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノの博物館

 ミラノからEasyJetでリヨンへ移動する日。EasyJetの出発時刻が夕方だったので中途半端に時間が余った。そこでホテルの近くをふらふらと歩こうと思っても前日からの雨。そこでガイドブック的に近くにある観光施設、ダ・ヴィンチ国立科学博物館(http://www.museoscienza.org/)へ行ってみた。ガイドブックでの紹介は殆ど無く、とにかく博物館があることが分かる程度。入ってみると・・・受付が混乱している。大した人数でもないのに。近くのイギリス人らしきご婦人が「やれやれ」てなことを言ってきたので「イタリアのやり方にはいつも悩まされます」と答えると、笑いながらペラペラと。ナニ言ってるかわからん。まあ、そうですねえ、みたいな顔をしておく。

 さて、中に入ってみると・・・うーん科学体験館みたいな感じ?子供向けに科学への興味を持ってもらおう的な施設。正直言って・・・あまり・・・そそられない。杉並区の科学館を最新型にしたような雰囲気で、微妙。説明もほとんどイタリア語なのでちんぷんかんぷん。これは失敗したなーと館内をさまよい(すごく迷路みたいなのです)、ようやく建物から出る。すると・・・そこになにか違和感のあるものが・・・。


※エリンコ・トーチ級だそうです。

 潜水艦?



 ミラノは港湾都市じゃないんですが・・・つうか、どっちかというと山麓の街だよね・・・。よくこんなものをこんなところまで持ってきたよ・・・。いかにしてここへ持ってきたかの写真パネルもありました。潜水艦はこの博物館の目玉のようで、ミュージアムショップにも関連グッズがたくさん。

 その脇の建物に入ると、そこは鉄道博物館かな。蒸気機関車や初期の電動車両なんかがずらりと展示されています。さすがに、というか当然、というかイタリアの蒸気機関車なんかさっぱりわかりません。そもそもイタリアのものなのか、他の欧州の国々のものなのかもわかりません。たぶん、イタリア製なんだと思うけど。



 上半分が黒、足回りが赤っていう塗装はどういう意味があるのでしょうか。ドイツの蒸気機関車なんかもこのカラーリングですが。個人的にはすげーかっこいいと思います。



 他、客車のようにみえて実はボイラーが入っている蒸気機関車とか、ちゃんと客用キャビンがあるものや、いろんな機関車がありました。しかしでかいね。でかくてメカメカしい。アバディーンでみたヤクトティーガーなんかよりずっと機械っぽいです。戦車はなんだかコンクリブロックみたいだった。



 さらにその先にもうひとつ別館。別館の脇には軍用ジェット単座機もありましたが、なんだろう。練習機かな。そして最後の別館に入ると、いきなり・・・これは・・・!特攻用ボート?そしてその隣は人間魚雷。旧日本軍も震洋という特攻ボートと回天という人間魚雷を投入していましたが、イタリア軍も似たような決死攻撃兵器を持っていました。それも大戦末期ではなくしょっぱなから投入され、戦艦などを沈めるほどの戦果をあげました。イタリア軍のこれらは最終的には乗員は脱出することになっていたということで、乗員の死を前提にしていた兵器とは一線を画すと言われます。確かにそこには重く深い線状の溝がある気もしますが、其れとは別にそれがどれほどの違いか、という囁きも聞こえてくるようです。


※特攻ボート


※人間魚雷

 どう書いても言葉が軽く響くだけなのでwikipediaへのリンクをはってこれは終了。
 人間魚雷(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%AD%9A%E9%9B%B7)
 特攻ボート・・・は項がありませんでした。MTMと称されたようです。


 奥には帆船がまるごとの展示。この建物の上屋はこの帆船を設置してから作ったんでしょうね。地上地下ぶちぬきで展示されています。さらにタンカーの船橋部分もまるごと展示。やることが大胆だなあ。

 上のフロアは航空機の展示。なんか銀色の葉巻みたいな・・・あれ・・・もしかしてカンピなんとか?(イタリア的には)世界初の(当時のプロペラ機と大差ない速度の)実用ジェット機じゃないか!現存したんだ!へー、って感じ。


※痛ましいお姿に・・・。

見回せば、あ!あれはマッキ205!はじめてみるわー。小さいなー。これ、(リノで見た)Yakより小さいんじゃないの?小さい小さい言われるゼロ戦ってこれに比べればデカイよ。アメリカ軍機はキャデラック(「太陽の帝国」より)なみだけどな。マッキは異様に小さいコクピットの其後の部分がこれまた小さい感じ。へー。こんなんだったんだなー。



 そして近くのガラスケースの展示を覗いていたら・・・あ!



 ビアンキの折り畳み自転車だ!空挺自転車。ちゃんとペダルにビアンキって書いてある。あーうまいこと自転車ネタでオチになったわ。落下傘部隊用だけに。


※ホラ!

 お後がよろしいようで。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

*

上半分が黒、足回りが赤っていう塗装の意味ですがさとうさんが正解を書いてますよ。
「かっこいいから」
イタリアンにこれ以上の理由があるでしょうか、いや、ない。
2011/11/18 【】 URL #- 

* 末期のマッキ

おぉ、韓非子、いやカンピーニ!今や胴体だけとなり、ますますチクワっぽさが際立つお姿に…(つД`;)

マッキといえばイタリア航空史最後の誇り、マッキ MC.72 は此処には無かったんでしょうか?
2011/11/18 【ささき】 URL #u/hKjTvU [編集] 

*

カラーリング、かっこいいよねえ・・・。

>>ささきさん
マッキMC.72はありませんでした。あとは航空兵装とエンジンの展示がありました。アルファロメオのエンジンは自動車と同じしっかりしたエンブレムがついてますた。
2011/11/19 【さとう◎】 URL #- 

* おひさです

205っすか。かっこいいすよね、もっともホーカーほどじゃないけど。
イタリアのデザインって官能的というか、日本の工業デザインって三流だなとひしひし感じてきた今日この頃・・・。
2011/11/23 【hood】 URL #mQop/nM. [編集] 

*

>>hoodさん
おひさしぶりです。
Warbirds関連で忘年会があるみたいですよ!
ホーカーとかリライアントシミターとかをかっこいいという人もどうなの?(w 
2011/11/23 【さとう◎】 URL #- 

* おやおや

frogsは健在ですか(笑。でも私はライセンス維持のために飛ぶくらいの飛行時間ですからねぇ。Hurr1が愛機なのは変わりませんが。
ホーカーはマニア好みかもしれませんが、シミターは異様にカッコイイじゃないですか。私の中では初代アルシオーネかシミターかというかっこよさ。
2011/11/24 【hood】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。