アクセス解析
【落武者魂】 [自転車]ハニースプリング600序
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

[自転車]ハニースプリング600序

「カルフォルニアは好きだけど、この寒暖の差には耐えられない!」と拙い英語で言うと、誰もが「んだんだ」と言ってくれます。気温「差」28度との予定。荷物は減らすにこしたことは無い、と常々言うものの30度近い気温と夜間のダウンヒル時の気温との差をどうやって埋めるべきかといえば、防寒装備を「持って走る」しか仕方ありません。だって寒いの嫌いだもの。

 ぎりぎりまで悩み抜いて、上半身は所有する全てのウェアを持ってくことにしました。運び方は後から考えます。下半身は・・・こんなものを投入。日中のことを考えるとウィンドブレイクタイツは無理・・・。

(↑こんなもの)

 朝、少し早めに家を出てオーシャンサイドへ。警告されていた通り、同日開催のトライアスロンのために駐車場規制が行われています。警備員はトライアスロン参加者駐車場へ回そうとしますが、俺は違うから向こうに行きたいんだ!と説明。「トライアスロンの参加者じゃない。レーサーじゃない!」といくら言っても、かっこうと荷物が一般人から見ればレーシングサイクリストなのでなかなか理解してもらえません。最終的に「もういいよ、行っていいよ」となったのでアムトラックの駅駐車場へ。一応、600km中120km地点と380km地点がこの町のCPなので、そこを利して荷物を交換しようと計画していますが、状況によっては戻れないこともありうるのでできるかぎり自転車に積み込みます。

 

 


 スタート地点と自転車たちです。主催者はマイク。スタッフは全部で3名でしょうか。見慣れた顔も何人かいますのでご挨拶も。へろー、と。前回の400でご一緒したアイシャさんという女性が「私たちのチームは隣に大きな部屋を取っているから、シャワーとか使えるわよ」と有り難いお話。でも着替えとか諦めたので持ってきてません。床で寝かせて、というようなお話を。しかしCP1まで離ればなれに・・・。

 

 

CP1?2まで。CP1って記憶に無い。CPごとに写真を取ろうと思うのだけど、いっつも忘れちゃう。いずれにしろHEMET400とだいたい同じコースです。下ふたつはテメキュラのCP。観光地化された旧市街を通ると渋滞がはげしい。テメキュラってのは有名なワインの産地のひとつです。写っている人はバンクーバーから来たとのこと。

 

 

CP3はスタート地点の町。120km地点くらいです。そこへ戻っていくLOOP1の後半。おもいきり下り基調。美しい田園風景、暖かい気候。なにもかもが素晴らしく感じられます。完全に一人旅ですが、それがどうしたって感じ。楽しくてしかたありません。

 今回のチャレンジは「RAAM式補給」です。前回から取り入れ始めましたが、ほとんどの補給をパワージェルのようなもので行おうと考えていました。ジェルは1パック100kcal。一日1万kcal取るには100パックでいけます。1パックはウィダーインゼリーの5分の1くらいのスペースですみますので、結構な量を積載できる上、食うのも簡単、エネルギーは脂肪由来ではないので吸収も早い。もはや何かを食う必要も無く、休憩を極限まで減らせます。だいたい1時間に2?3本を食います。それだけでは飽きるので、ジェル以外の補給物資もとりまぜて。

 


 クルマに戻ってきました。悩みましたが、ウィンドブレイクジャケットを持つことにします。以前zucchaさんが「ジャージの背中の積載量は侮れない」と語っておられましたが、それを参考に背中に入れます。伸びそうですが。

 見てくださいこの一方的な搭載。この風景を。フロントバッグに詰め込めるだけ詰め込まれたジェル類。後ろにも積み込んでます。積載量の半分はジェルといっても過言ではありません。左端は「バナナ」。

 

 太平洋岸ハイウェイ。通称PCHのほぼ南端エリアですね。サンディエゴへ向かいます。

 

 ラ・ホヤから一部サイクリングロードをつたってサンディエゴへ。前を走るのはエイドリアン君。ブルベは600kmが初めてとのこと。いいやつでしたが、いろいろと困ったちゃん・・・。

 

 サンディエゴ旧市街、観光地のその脇を抜けてサンディエゴ市街へ。コンベンションセンターに来たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

 ドーム球場。それからサンディエゴ港。大きな港です。南側半分は軍港。かつては太平洋艦隊の中心地だったところのはずです。


 200kmに9時間。かなりゆったりしたペース(登りはご飯タイムと位置づけ、何かを食いながら登ってるくらい)と自転車の重量・CPでの荷物搭載などからすれば悪くないペースです。少なくとも自分的には良いタイムと言ってもいいくらい。600km27時間もいけそうです(嘘)。

 しかし・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする