アクセス解析
【落武者魂】 第二回直江津ダブルセンチュリー
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

第二回直江津ダブルセンチュリー

 直江津ダブルセンチュリーは2年前に「直江津までみんなで自転車で行ってみよう」という企画として始まり、推奨ルートこそあるものの、実際にどうやっていくかは参加者個々人に任せられているというか、何にも決めていないというかというもの。ゴール時間さえ決められていないという投げっぱなしイベントとして定着しているもの。一応、推奨コースがあるのでそれに沿って走ると他の走者と出会えるという楽しみもある。

 基本的には320km弱、厳しい山もなくてほとんど平坦というコースで設定され、15?16時間くらいでゴールしてもいいはずなのだけど、なぜだかそううまくいかない。

 で、だ。

 とりあえず僕は自宅を午前3時前にでて国道17号を北上・・・。



 トラックの津波が怖い・・・。しごきが怖い・・・。



 熊谷。自転車走行の社会実験はどうなったんだっけ?



 高崎から推奨コースをはずれ、サイクリングロードへ。このあたり暑さで?細君がグロッキー気味。明け方は冷えたけどなあ(当社調べ)。



 異様な山容を見て、少し元気を取り戻しそうな細君を待ちつつ待ちつつ前進。



 目が覚めてきたのか、段々元気を取り戻してきた。



 碓氷峠終了。



 みんな元気で軽井沢。



 ところが・・・軽井沢をすぎたところでリアタイヤに損傷が発覚・・・。たて4?5センチほど表面のトレッド面が裂けている。内側は小さな穴が開いているくらいだけど・・・。とりあえず裏側から補強シールなどを貼り、多少は戻るが・・・うーん。装甲強度的には補強材があるから異物を踏んでどうなることもないだろうけど、なにかグリップが過剰にかかったときにトレッドがはがれるんじゃないかと不安。とりあえず次の街まで進んでみて、修理した場所の様子を見てから次の判断を下そう・・・。



 浅間サンラインは楽しい道なのだけど、後半になるとトラックが少し怖いかな。長野県はちょっと運転が乱暴。「うちの地元の○○は運転が荒い」って自慢げに言う人もいるけど、下手かモラルが低いってだけだぜ。

 「サマーウォーズの町」(あちこちにこのコピーが)上田に入り、タイヤをチェックするとやっぱりふくれちゃってる。これはもう無理だろう。スポーツ自転車を扱っている店を知り合いに探してもらう。ありがたいことにいくつかの情報を得ることができたが、はじめに入った情報の店でタイヤ交換。25cのパセラというタイヤしかなかったけど、やむなし。



 心の奥底ではタイヤが見つからずここでリタイアできればと思っていたのも事実。軽井沢を過ぎてから痛み出したアキレス腱のあたりが、このあたりではペダリング一周ごとにゴーンゴーンと響いていた。アンクリングしているせいなんだろうと思う。前回の神奈川200kmブルベ後の回復が思いのほか早かったので、このライドの結果如何では四国1000kmもチャレンジと思っていたのだけど・・・。どうするかなあ。情けない気持ちで一杯。



 お店には丸石エンペラーのプレートが!

 上田の駅で仲間たちが待っていてくれた。さあ残り100km行きますか。しかしいつもならBefore the Breakfastな100kmが今は1200kmより遠く思えるよ・・・。



 単調で向かい風の強くなってきた千曲川サイクリングロードだけど、今日はそれほど長く感じなかった。が、終わりのほうで語りえない別のトラブルを抱える。渡りに船、と思ったけど走りきることに未練もあったので細君に最終的な決断を振り、人のせいにして長野駅へ向かうことを決定(ひとりだったら続けていたと思うけど、正直やめさせてもらえて良かった。本当に)。先行する仲間たちへ連絡。すると(僕らを待っていたせいもあるが)、焼肉を食べる時間に間に合わないという理由で全員が長野から輪行を決定。逆に途中まで輪行で来ていて直江津まで走った人たちもいたのだけど、とにかく参加者全員が完走しないというすばらしい事態に。

 長野駅までつくと残り距離は75km程度。4時間もあればゴールできるところまで来たけど・・・仕方なし。新潟川は雷雨だというしね(結局降らなかったそうだ)。



 応急の輪行袋。応急とはいえ、モンベルコンパクトリンコウバッグと同じ構造です。肩掛け紐つき!

 8時半ごろに「ゴール」。風呂に入って着替えてホテル向かいの焼肉屋へ。完走者みんなとばっちし焼肉して楽しみました。7人の参加者の皆さん、どうもありがとう!そして今回参加できなった皆さん、来年お会いしましょう!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

*

こんばんは!直江津はなぜか毎年行きたくなる不思議な場所ですよね。。
僕らのアタックは8月最後の土曜日でした。来年はこっちにも是非どうぞ~。
ツィート見ていて、奥様とタンデムでこっそり長野以外も走っちゃってるのかと思ってました!
2010/09/13 【ピクサー】 URL #- 

*

上田には塩田平という場所に1件しか スポーツバイクをまともに扱ってる店がないのですが、、長野にいたら、タイヤ数本ストックしてあるので、持って行ってあげられたんだけど。。。。。。。

  やはり、、直江津は上越市になってもサイクリングの歴史の中では、はずせない場所になってきていますね。。

 今年の3月に「北陸」はなくなったし、急行「能登」も臨時だし、、、

  でも、きっとサイクリストは、これからも直江津を目指すんでしょうね。。。
2010/09/13 【inaina】 URL #- 

*

>>ピクサーさん
 当初はタンデムの心づもりもあったのですが、細君にシングルバイクの練習をさせねばということもありこうなりました。

>>inainaさん
「海へ行く」「太平洋岸から日本海へ」というのはわかりやすい魅力ですよね。距離も手頃ですし。上田くらいの大きさの街ならスポーツ自転車(やスポーツ用品そのもの)を扱う店がもう少しあってもよさそうなんですが・・・。
2010/09/13 【さとう◎】 URL #- 

*

おつかれさまでございました。
とにかく肉が食いたかったのです!
そしてたらふく肉が食えたのが嬉しかったのです!
また行きましょう。
アキレス腱、ちゃんと休養して治してください。

それにしても何だかやたらと弱ってるphotoじゃない
ですか?best shot.
2010/09/14 【mezataku】 URL #- 

*

お疲れ様でした~。
いろいろあったんですねぇ。

関西の方と話してて、あちらには関東における日本海のような分かりやすい目標が無いことが判明。
関西の場合、瀬戸内海・太平洋から日本海側へってあまり距離が無いのですね。
2010/09/14 【みのいち】 URL #nLR5t0WM [編集] 

*

>>mezatakuさん
弱ってるって千曲川写真?
とにかく肉を食うのが目的です。

>>みのいちさん
日本は走りやすそうなルートがことごとくトラック街道というのも厄介ですね・・・。
2010/09/15 【さとう◎】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする