アクセス解析
【落武者魂】 BRM605 私を会津へ連れてって2

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM605 私を会津へ連れてって2

 さらに南会津の奥へ分け入って行きます。この先のルートは数日前に落石により変更されていてほとんど情報がありません。これもまたブルベ。たぶんそう。主催者はかなりの努力を払ってイベントを実行してくれていますが、こういったアドリブにも対応できることがランドヌールとして大事なこと。たとえ主催者がイベント当日に存在しなくたって、ルート上に大きなトラブルがあったって、それをクリアしていくのがブルベの楽しみ。そういう対応ができるサイクリストであるという認定が「ブルベ」なのです。とかいう話は脇において・・・いずれにしろ一番の山奥は明るいうちに越えられる・・・かな?とだらだらとした登りを登って行きます。途中、大掛かりな橋があり、親柱に「三匹の竜」の頭の像がひとつずつ据えられています。って橋の親柱は四本だよねえ。でも三匹の竜だろ?ってことはどれかひとつは偽者なわけか・・・。

 そんな馬鹿なことを話しているうちに、今日の日の最大の峠を突破。1000メートルを越える峠でちょこっとびびってたものの、気づけばトンネルで旧道のやや下(ほんとうに少しだけ)をくぐる感じで終了。こっからは大胆な下りで下りビビリアーの僕は涙目。道が広くターンもそれほど厳しいのはなかったのは幸いだったものの、途中のY字路に一瞬惑わされたりしたり。やがて迂回路に出るあたりで空が茜色に染まり日暮れ。まもなく夜の帳が下りるでしょう・・・。



 そこからの下りがちょっとばかり難易度高くって、千葉の林道を思い出す感じ。すっかり陽も落ちてしまって時折みかける集落以外では街灯もなく真っ暗。急に現れるガードレールのない急カーブに気づかなければ田んぼへまっしぐらの道があったり、小さい集落の狭い道路をかきわけるような道があったり。交通量も人通りもほとんどないようなところなので、それだけは助かるけどクルマがこないわけじゃないし人がいないわけでもない。そんなわけで緊張感が強いられるわけですね。しかも、このセクションは単純に下り基調というわけではなく、いやらしい感じで小さく登ったりと足の耐久力を細かく削ってくる。うーん、いやらしいねえ(w 心と体に疲労が蓄積されていくよ・・・。



 夜9時ごろ、そんな山間を潜り抜けてPC4へ到着。猪苗代・郡山方面はまさに雨だという情報が入る。道路の警告表示板にもアメという表示があったというので、おそらくは降っているのだろう。でも、なんだか今回のブルベでは雨に会わない気がしていた。おそらくはそこへたどり着くころには雨は止んでいるのだろうな、という根拠のない自信。そして実際そのとおりになった。猪苗代湖の手前で長い上りが待っていたけどなんとかクリアし、湖畔にでると残念ながら月も無い晩なのでただの真っ暗闇。路面はけっこうぬれてたりしたけど、雨はずいぶん前に去ったようだ。あとはとにかくふたりに暗いつくことだけ考えて郡山へ・・・。結局脱落してしまって少し遅れてPC5に到着してエビチリ丼を食す。そして少しだけ離れた健康ランドへ向かう。現在時間は午前1時過ぎだったかな。5時過ぎに出ることにしましょうということで風呂にはいり仮眠することに。僕はバイクに搭載されたフグバッグをはずし、財布などのはいった袋をもって入館。ジャージ以外は靴下手袋にいたるまですべて着替えてさっぱりできるはず。すばらしい。ここまでこのバッグを持ってきた甲斐もあろうかというものだ。

 シャワーを浴びて風呂につかる。生きてるってすばらしい。フレッシュでご一緒した竜胆さんもほぼ同時に到着しくつろぐ。最後に水風呂に両太ももまでつかってリフレッシュ。仮眠室へとむかう・・・。が、仮眠室はけっこうきつかった。なんとも寝られない。リクライニングチェアが空いていたので、はじめはそこで丸まっていたのだけど、まわりの豪快な寝息と誰かの鳴り止まぬアラームの音でどうにもならない。2時間ほどでいったんあきらめ、コーヒー牛乳を飲んで仮眠室へ戻る。こうなったら「俺は寝たのだ」と信じ込む以外にないな、と決意をかためチェアに戻るのはあきらめて仮眠室のはじっこの置き捨てられた毛布にくるまる。そうして・・・なんとか・・・2度ほど「うとうと」した実感あり。これは寝れたのだ・・・と思おう。少なくとも4時間近く体を休められたというのは事実。回復したはず。

 足首近辺に医者からもらった消炎鎮痛剤を塗りこみ、テーピングをやり直して歯を磨く。そしてウェアを着込んで外へ出ると・・・霧がものすごい。近くの7/11で朝飯を食って、出発するも霧のせいでけっこう寒くってモチベーションがあがらない。残り距離270kmほど。近いような遠いような。よくわからないね、本当に。でもまあ、会津田島まで戻れば行きと同じコース。そして会津田島までに大きな峠は一個しかないのだ。



 朝のコンビニで水を補給し忘れていた僕は二人と別れて自販機で水を購入。そこからしばらくしたところが鳳風峠なる峠の入り口。国道のしっかりした道なのだけど、結構長い。そしていきなり12%の看板。



 そして・・・かんかん照り!



 そして何人かの参加者をこの坂でパス。2年前とはおそらく逆の立場なのだろう。かつての僕は休むこともできずにひたすら走り続け、ゆったり健康ランドなんかで休んでいた参加者に追い抜かれていたが・・・。まあ、去年もそうだったな。SD1000で朝になると僕よりゆっくり休んでいた速い人たちに追い抜かれていた。最後の朝は朝寝坊したので誰にも追い抜かれなかったけど。

 さすがに汗がぽたぽた垂れそうだけど、標高のおかげかそれほどのことにもならず九十九折をクリアしていくと峠は終了。8%の下りから始まる下り基調のステージが始まる。途中、きれいなダム湖を回り込んだりしながらだんだんと南会津方面へ。深い渓谷沿いで自転車を少し止めて撮影したりと、風光を楽しみつつ会津田島へ向かう。



 このあたりでさすがにおいて行かれてるだろうと思っていたら、KTコンビに加えてY氏も加わったYKTトリオとなって待っていてくださる・・・。なんとありがたい・・・。緑の映えるPBPジャージの三連星のかたがたと一緒に・・・と会津田島をスタートして少し走っただけで置いてけぼり。でもいいもん。会津田島からは「あとちょっと!」なんだから!



 今市のPCでも待っていてくださる皆さん。さくっと補給を済ませて次のPCまでは90km。途中の道の駅でアイス休憩をいれたりしつつ疾走。僕は完全に引っ張っていただいている状態・・・。



 もしこの手を離してしまえば、僕はきっと取り残されてしまうから・・・。





 ずっと続くかに思われた向かい風も、野田を過ぎるころには止んで列車はさらにスピードアップ。いや、さっきゆったり行こうとか、最後のアップダウンは速度上がらないよなあとか言ってたジャン・・・。なんでゴールスプリントなの・・・!?

 おわり
関連記事
スポンサーサイト

コメント

* なんでダムダム

最近ラブホがないとブルベ走りきれませんよ。
健康ランド?無理無理。
2010/06/10 【zuccha】 URL #L8AeYI2M [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。