アクセス解析
【落武者魂】 [LA600km 1017 RUSA]第一話
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

[LA600km 1017 RUSA]第一話

 中央カルフォルニア縦断ブルベは残念ながら400km地点を手前にしてDNFとなりました。ブルベ初のDNFで少々ショックです。これを書き始めた今がちょうど40時間リミットで、メカトラブルを言い訳にした脱落にすぎないんじゃないか、走り続けていたらどうとでもなったのではないかとか。まあ、いずれにしろちょっと休んでゼロからの再出発。この戦いは敗軍ですが再び攻勢発起点へついて再興を図りたいと思います。それまでちょっと一休み・・・。




 今回で今年のブルベはえーと・・・12個、600kmとしては3回目。1000と1200も超えて来ているので、ちょっとダレが出ている感じ。というか右足首周辺が相変わらずなんかおかしいのでいまひとつモチベーションがあがらない。でも申込料は払い込んだし、前泊の宿はとったしアムトラックのチケットも持ってるし。スタート地点のサリナスまで1日がかりってのもすでにお疲れ気分にさせる要因。2時間かけてゴールであるOxnardへ車をデポし、そこからアムトラックで7時間弱でサリナス。成田からLAXまで行けちゃうよ・・・。

 通勤渋滞の時間をかいくぐってOxnardへ。出発の手配を整えていると他の参加者たちもぞくぞくと現れてきます。! ヘルメット忘れた! いきなり駄目です。やっぱりチェックシートを作んないと駄目だな俺は。なんとか近くのバイクショップで3000円ヘルメットを購入しますが、やっぱりどうも歯車がかみあっていない感。そういう考え方はするなとよく叱られるのですが・・・。

 さて、今回の列車はコーストスターライト。ロサンゼルスからシアトルまでをつなぐ長距離列車です。いやもう超長距離と言ってもいいでしょう。総走行距離は2300km。34時間をかけて西海岸を縦断します。僕の乗ったOxnard-サリナスの区間は半分くらいが海岸沿い。すばらしい景色ですが、ブルベで何度も走っているコースということもあり少々食傷気味。席を離れて展望車でくつろいでいたら国定公園(および軍基地)を通過するところではレンジャーの方々がずっと解説をしていました。どうもロケットやICBMなどの打ち上げ実験で有名な場所のよう。


すごいUターンで真横に先頭車両が見えます。

 
展望車。知らない人同士でも適当に座ってポーカーしてたり、長旅を楽しんでます。僕は逆転検事をずっとやってたら少々頭痛くなってきました。

 途中でとなりに座って来た大学一年といインド系の女の子と世間話をしたりしているとようやくサリナスへ。なんとか寝ずに来れた??。ロングライドの夜は毎回寝れなくって1時間睡眠とかで走ることになるけど、これだけ頭痛くて眠ってないならなんとかなるだろう。








行ってしまった・・・。もう走るしか無いのね・・・。




 さて、今回のコースとスターライトはいつのものパシフィックサーフライナーとは違い、自転車ラックはありません。自転車を載せるにはバイクボックスなるものを利用します。バイクボックスは駅で販売されている15ドルの段ボール箱(別にこれでないと載せられないわけではないはずなので、バイクショップで箱をもらってきてもOKです)。





 上下方向前後方向は十分に余裕があるものの、幅が狭いのでハンドルはまげないとNG。ペダルも外すように書かれているけど、そのままでもなんとか入りました。あとは駅員さんが運んでくれます。飛行機みたいな感じで。当然積み降ろしはちょこっと投げてます。飛行機みたいな感じで。




 サリナスのモーテルに到着すると大勢のサイクリストがすでに集まってます。このモーテルが翌朝のスタート地点。朝4時の出発。いつもの「ヘイジュン」攻撃に出会いますが・・・ってクリス!なんでそんな整った口ひげはやしてんの!?今朝気付いたらはえてたぜHAHAHAって、なんだそのアメリカンジョークは。まあいいや。こちらに来てからずっと世話になっているジョーンズ夫妻もスタッフではなくって走るよう。明日はご一緒しましょう。なんだかリカンベントが多いな。

 残っていたピザを食って部屋に戻りベッドについたのが8時半。でも午前1時半までは時計をみつめてました・・・。あいかわらず小心で寝れないのです。どうすればサクっと寝付けるんでしょうか?そういう考え方もするなとよく叱られますが・・・。2時半には目が覚めました。でも1時間くらいは寝たはず、運動能力は睡眠不足の影響を受けないのだ、と言い聞かせて出発準備。15分前に部屋を出てオリエンテーションへ加わります。

 

 こっからOxnardまで走るのかあ。どうもまだ現実感がないなあ。でも600kmくらいならなんとでもなるんじゃないかなあ。どこで寝るのか寝ないのか、時間配分はどうなのか、そういったことも何にも考えてない。とにかく長距離に渡って商店などが無いエリアが多いからそれだけ気をつけよう。

 思ったより寒く無いのはラッキーだけど、初冬装備が無駄になるかな。それはそれでいいけど・・・っとスタート。いつものように一斉ではなく、なんだかまばらに走り出していきます。自分も出発し、しばらくすると約20人の集団になって・・・さあ、600kmいっくぞー(現実感ないけど)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする