アクセス解析
【落武者魂】 2011年05月11日
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

2011年05月11日

BRM507 アタック日本海 600km

 なんか走り終えたら高熱を発して寝こんでしまってるので、気づく前に書いたところまで。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


 朝起きると寒い。なんとか布団をでてエアコンと床暖房をつけるゴールデンウィークの終盤。まだ夜は明けていない。寒い寒いと凍えながら出発の準備をする。この週末はBRM507 アタック日本海600kmに出走することになっていたのだ。入間から北上しまくって三国峠を越えて日本海へ達し、折り返してくるコース。完全な折り返しではなくって三国峠周辺以外は輪になっている感じだ。ちなみに350km地点付近で長岡駅前至近を通過するのでそこでホテルに泊まる予定。たぶん、このホテル泊可能という情報がなければ出走しなかったと思う。すでに今年600kmは完走していてPBP参加のための最低条件はクリアしているし、5月14日にも600kmブルベがあるから。5月14日といえば2週連続。2週連続600kmは許容できる範囲だけどやっぱりアホですよ。つうか普通に考えて600kmもありえない。周りにそのくらい屁でもないサイクリストが多すぎて鈍感になっているかもしれないけど、ブルベ人口って日本で1500人くらいじゃないですか?1億2000万人いて1500人くらいですよ、きっと。しかもスーパーランドナーまで取得する人はどれだけいるんですか。この駄文を読んでいる人の7割くらいはSRサイクリストな気もしますが・・・。みんな、まだ引き返せるぞ!

 それにここんとこ数年ブルベ走行距離が年間5~6000kmくらいです。でも、もともと運動音痴君なわけでだいたいシーズン終盤に足腰を痛めてペースダウンって感じ。オーバユースっていうんですか?もともとむいてないんだと思うんだよねえ。いくら走っても速くなんないし。走った距離は嘘をつかないはずなのに・・・。

 走った距離が嘘をつかないのは「人はなんにでも慣れる」ということ。600kmというのも慣れるし、600kmの途中でホテルで休む軟弱さにも慣れる。人はなんにでも慣れる。ゆでガエルの例のように慣れてしまうのだ。だからほんとは出ないつもりだったけど「なんだビジネスホテルが予約できるじゃねーか。しかも高くないし」と思って「おっとつうことはフグバッグを使わなくたって荷物は現地に発送しちゃえばいいよな」と思ったらホテルへ予約してしまった木曜の夜。前日の金曜に荷物も発送。自転車は先週乗ったから・・・まあチェーンへオイルをひいておくか。

 クルマに乗って豊水橋へ。豊水橋スタートは・・・自分の車で行くのははじめてだなあ。GWだから混んでるかなと思ったけど午前4時すぎではまだ渋滞とかはなかった。そのままスムーズに豊水橋の駐車場につき受付を。しかし寒いな。ここまでもクルマのヒーターをガンガンに効かせてきたけど。めずらしくスタートまで時間があるので車内で横になりFFヒーターをつけて休む。やがて・・・楽しい仲間たちがあたりに集まってきたようだ。僕は車内で上体を起こしボンヤリとしている。どうやら楽しい仲間のひとりが「ヘルメットを忘れた」とのこと。たまたま妻のヘルメットが車内につってあるので試してもらうがまったく入らない。僕のヘルメットも。これではDNSかも・・・という話だけど、うらやましい。僕もDNSしたい・・・。あ、もう受付しちゃったからDNFになるのか。

 スタート時間が迫る。寒さは少し和らいでいる。でも・・・雨が降ってきた・・・。まいったね。予定ではまだ降らないはずだったのに・・・。ちなみに今回の天気予報では新潟の夜間に本降りの雨、および日曜はときどき雨という話。新潟の雨は時間的に長岡のホテルにいる間に雨がざっと降るはず。日曜は基本的に晴天だし気温も高い。一時的な雨は問題にならないだろう・・・という予想。だけど600kmを走るということは、この日本では雨は常に覚悟しなくてはならないものだ。なので雨具装備を用意。具体的にはレインジャケットとレインパンツ、それとシャワーキャップ。防水靴下とグローブまではいらんだろ。防寒用には長袖ジャージとつま先カバーを用意。それらを背中に背負うのが今回のスタイル。ロングライドでは背中に背負うのはできるだけ避けるようにとよく書かれているけど、実のところそれほど嫌がる必要は無いように思う。とりあえず背負ってみて重い、と感じ無いくらいであれば背負い続けても問題ない。ただ湿度の強い酷暑の中では大量に発生する汗がお尻に垂れてきてヤバい場合があるので注意。

 他にフロントバッグを装備。オイルやウェス、ワイヤーロックなんかを入れておいた。このフロントバッグは昔からちょくちょく使っているのだけど・・・フレームサイズのせいか・・・フロントタイヤにこすれがち・・・。今年に入ってステムを変えたせいか以前は締め上げれば大丈夫だったんだけど、今回は最後まで悩まされた(先に書いておくと、摩擦で外皮と内装のプラスチックが破れて穴が開くに至った)。あると便利なんだけど・・・難しいね。

 といったところでスタート時間とあいなるのでした。
スポンサーサイト