アクセス解析
【落武者魂】 2010年05月17日
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

BRM515千葉 さむねむぶるべ1

 ほぼ1日で走り終える400kmくらいは日常の一行為と同じような気安さで参加し、走りきれるようになりたいと常々思う。朝起きて出勤するような気分で準備し、出走する。といっても今現在出勤という行為をしてないし出勤は気が重いものだから比べられるものでもないな。でも1000km級のブルベの時は「朝出勤して帰宅して少し眠り、また出勤する。そういう日常と同じじゃないか」と言い聞かせて走り続けてましたね・・・。夜寝て朝から走るのパターンに持ち込めればけっこうイケるもんです。僕みたいなひ弱タイプでも。

 さて、今年2回目の400kmブルベ。埼玉400kmやフレッシュ(390kmくらい)は淡々と走りきれたのでちょっと自信がついています・・・。もう気温も上がってきてるし、恐れるものは何も無い・・・かな?といったところで朝5時半すぎに袖ヶ浦海浜公園着。出走手続きを済ませても時間が余ってるので、組み立てた自転車を外にだしてからになった荷室でごろりとくつろぐことに。眠るともなしにうとうとしているとmezatakuさんがやってきたので「どうもおはようございます」と起床。車外にでると風が冷たい・・・ブルブル。フグジャケットまではいらなかったと思うけど、意外と気温があがらないんじゃないかな、特に体感気温は。

 CP1までは順当。幹線道路あり市街地あり。さすがに走り出せば寒いとは思わないけど、ウィンドブレーカーも来てるのに汗が吹き出すでもない。日陰は寒いとさえ感じるのでCP1のセブンイレブンでは日向で過ごす。まだ40kmも走ってないので、おにぎりをいくつか食ってリスタート。ここからは千葉の林道をめぐる山岳セクションに入ります。



 登りに入ると体が温まってくるんだけど、汗がぽたぽた落ちることも無いくらい。同行しているmezatakuさんはぐいぐい登っていくので羨ましく見ながら、でもこのあたりはまだ元気に走っていたと思う。千葉にはそれほど高い山もないからとナメていたけど、くねくねくねくね細い道を登り続けるのもけっこう疲れる。そして辛いのは下りもくねくねしていて速度が伸びないこと。路面も苔むしていたり、排水溝のすき間が散見されたりとかで「これ夜は怖いな」と思わざるをえない。大山千枚田に到着したのはまだ気分も良いころ。爽やかな水田を少しながめてから進む。僕らの到着した頃は人も少なかったのだけど、そのあとには観光バスも来て賑やかだったらしい。しかしこういう山間の棚田を見ていると、ベトナム戦争映画を思い出すのは心がけがれているからでしょうか・・・。





 PC2の鴨川手前の下りはやっぱり道も細くって綺麗ではないのだけど、ときどき見える海が素晴らしい。高台に立つ家はけっこうハイカラなものも多くって、1/144スケールのサンタバーバラ郊外といったところ。すれ違うスーパーカブにのったおばさんが、メット無してぬぐいかぶっただけの割烹着姿でここが千葉であることを強烈に思い出させる。そうだここは千葉なんだ。海岸線にでると予想通り風が強い。ここは2kmおきに交代しましょうとmezatakuさんと。PC2の安房小湊はだいたい100km地点にあるのだけど既に4時間半が経過しようとしている。あまりよいペーストは言えない。



 応援に来ていたピクサーさんに「これからが地獄ですよ」と言うと「大丈夫ですよ、登ってみたけどたいしたことありませんよ」とのこと。登り?登りがあるのか。でも違うんだ、僕の行っている地獄は・・・もっと先。

 PC2ではいつも通りミートソースパスタ。うまい。でも寒いので袖の無いウィンドブレーカーを着る(ウィンドブレーカーを二つ持ち!)。そして、なんだかあくびが出てしょうがないんですけど。もしかして、俺、眠い?寒くて体温が低くなって眠いの?眠いから寒いの?



 県民の森からPC3まではあんまりよく覚えていない。けどコース最高地点があったはず。mezatakuさんをおまたせしてしまって申し訳ないのだけど、出力があがらない。上がらないのか実力なのか。ええい、自転車の重さと足の故障のせいにしてしまえ?。

 PC3から次のPCまで75km。そのうち約50kmが直線の「海の見えない」ビーチライン。こういった単調のところも風もかつてほど苦ではなくなっているんだけど(特に単調には強くなったな)、なんだか今日はとても気が重い。もう走りたくない気分一杯。眠いし、寒いよ。リタイヤは選択肢に無いけど、走りきれるイメージがまったく湧かない。走りきれるイメージはあるのにリタイヤを選択してしまったことを考えればいいか。悪いのか。



 ずっと続く直線でmezatakuさんから脱落。一人旅の開始。どうでもいいんだけど猫の死体が多い。できたてホヤホヤから、ボロ雑巾と見間違うレベルまで各種取り揃えております、って感じ。あんまり道路清掃とかないのかな。このあたりの幹線道路兼観光道路だと思うんだけど。それと気づくのは魚屋さんの多さ。無茶苦茶多いと言うわけではないのだけど、肉屋八百屋がほとんど見当たらないのに魚屋だけはやたらにある。ある程度は観光客を見込んでいるのだろうけど、店構えは昭和テイスト溢れてこぼれちゃってるくらい。大正テイストくらい・・・。

 途中で「コンビニによっていた」というmezatakuさんに追いつかれるが、また脱落。ひいこらひいこら言いながら銚子へ下りて行くころに「何か」に気づく。いくらなんでも寒すぎる。頭が冷たくてイタイ。このまま路肩で足を抱えて眠りたい・・・けどありえないだろ。まだ200kmしか走ってないぜ・・・。





 うーん、風で体温奪われて凍えてるの?僕は5月の千葉で凍死するんじゃないだろか・・・。

つづく
スポンサーサイト



ばんざい アルプスあずみのセンチュリー

タンデム出走可になりました。
速やかな判断をしていただいて感謝感謝。

タンデムサイクリングに関する情報が少ないので、そういった情報などあればお寄せくださいとのこと。
今年許可する以上、来年以降もOKとする方向なので勉強しておきたいとのことです。

とりあえずタンデム自転車交流協会のサイトからかな。