アクセス解析
【落武者魂】 2009年11月21日
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

2009年11月21日

2009/11/21  くらやみのなかで

くらやみのなかで

 今住んでいる家には立派なガレージがある。フルサイズの車が2台も入るアメリカンなやつだ。今は車一台と自転車をx台置いているが外にも共有駐車場があるので、そっちに大きい方の車は置いてあるので、ガレージ内には十分な余裕がある。このガレージで整備もローラー漕ぎもやるのだ。日本でもこういう家欲しいなあ。

 でも残念なことにこのガレージにはコンセントが無い。照明も薄暗いのが一個のみ。しかも30分でオフになるやつ。レバーで時間を設定しなおせるものの、いずれにしろ30分まで。だから陽が落ちると基本的には何も出来ない。・・・のだけど、そのほのかな明かりを頼りに壊れたディレイラーをかき集めて組み直す僕がいる。手が真っ黒なのに、その黒さもよくわからない。

 先週のライドでタンデムのフロントディレイラーが破壊されてしまったことはすでに書いた通り。さらに足首の調子も相変わらず悪いので少々焦って来ていることもあり(本気で困ってる)、しばらく乗らないからと壊れたディレイラーとちぎれて繋ぎなおした怪しいチェーンを外して放置していた。 いたのに、ローカルクラブのバンケットパーティで「会報にタンデムの特集するつもりなんだけど、明日来るよね?」と聞かれて「いくいく」と応えてしまったのだ。自転車の状態を思い出したのは数分後。ちょっと飲んでたからなあ、考え無しだった。

 行かぬわけにもいかないので、こうして暗闇の中ひん曲がりちぎれかけたディレイラーをさらに手でひんまげ、ほつれたケーブルを繋ぎアウターへ変速はできないもののなんとかミドルギアだけならまともに使えそうなところまではできた。この経験もやがてなにかの自信に繋がる日も来るだろう。おそらく、熟練のサイクリストならば目隠しをしたままディレイラーの分解整備なども軽くこなしてしまうはず。達人の域に至ったものは手を使わずとも気だけでワイヤーを張り、自転車に乗ることも無く数百キロのライドをこなすという。

 まあ、明日は写真を撮ったらショートカットして帰ろうっと。
スポンサーサイト