アクセス解析
【落武者魂】 2009年11月09日
FC2ブログ

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

2009年11月09日

2009/11/09  弾丸列車

弾丸列車

 アメリカの旅客鉄道会社アムトラックは、ご存知の通り基本的に車両と人員しか所有していません。レールなどのインフラは全米の私営貨物鉄道から借り受ける形で運営しています。これは日本のJR貨物と旅客各社との関係がちょうど逆転しているようなものです。 しかし東海岸にあるアメリカの中心地、つまりニューヨーク周辺ではアムトラックはいくつかの路線を旅客専用として確保しています。さすがにこの地域では旅客需要が大きく、十分な収入が見込めるからでしょう。ここらの路線は毎年解散が議論されるというアムトラックにおいて数少ない黒字路線になっています。

 機会があって東海岸を訪問した際に東海岸のアムトラックに乗車しました。しかもアムトラックの誇る超特急「アセラ・エクスプレス(以下アセラ)」です。アセラはフランスのTGVを導入したもの。その意味ではお隣韓国のKTXと同じなりたちなのですが、さすがに米国市場パワーは大きく、北米向けに大幅な改造を施した北米スペシャルの車両になっています。



 どことなくスマートな感じもしますが、実物はかなりマッシブな存在感を示します。なにしろでかいからねえ。ボストンからワシントンDCまで730kmほどを最短6時間強でつなぎます。あんまり速くない?その理由はおいおい。



今回はNYからフィラデルフィアまで乗車しました。乗車時間は約90分。NYの駅はタイムズスクエアの近隣にあり、地下にホームがあります。どこのホームから乗り込むのかは特に決まってないようで、駅員に聞いても「10分前に告知があるから黙って座ってろ」と不機嫌に言われるのみ。告知つったってアナウンスがながれるでもなく・・・。数少ないモニターを不安げに眺めることしか出来ません。だいたい10分前ってぎりぎりすぎだろう、と思うけどこの国ではデフォです。



 10分前に表示が出たのでホームへ向かうエレベータへ。随分並んでます、ってことは決まったホームにくるんだろうな。なんで教えてくれないんだろうブツブツブツ。エレベータの前に係員がいてチケットを確認。アセラはファーストクラスとビジネスクラスに別れていて、それぞれ席の指定はありませんがチケットの発行数は決められているとのこと。かつては指定されていたそうですが。

 

 車内というより「機内」と言った感じ。手荷物は車両の端の手荷物棚か頭上の収納へしまいます。座席は広々としていて足も十分にのばせ背もたれもグイッと倒せます。今回はビジネスクラスへ乗車しましたが、ビジネスクラスの名に恥じない快適性。これは本家TGVよりはるかに素晴らしいという乗車記もあるほどです。ちなみにほぼ満席。NYと大都市の中心を短時間で結ぶ路線のためビジネス利用が非常に多い様子。クルマで動くのは厄介だし、さりとて飛行機はもっと面倒くさいという距離なので、日本と同じような状況なんでしょうね。



 それほど長く無い路線ですがちゃんと食堂も。思ったより発進時は揺れません。というか非常にスムーズ。でも走っているとときどきカクン!と揺れがあったりします。アセラは日本の新幹線やフランスのTGVと違い在来線を利用して走っているので、超高速鉄道向きとはいえないインフラを利用しているということになります。そのせいか揺れも場所によっては多いし、あまり高速性を発揮できる場面も無いようです。




 
 ゆったりとした弾丸列車の旅はあっという間に終わってしまいました。とある用事がなければDCまであと90分ほどの鉄道の旅を楽しみたいのですが、残念。運転席の脇に四角いパネルが飛び出ているのがわかるでしょうか?エアブレーキかな、と思っていたのですが、引き込み式のバックミラーでした。
スポンサーサイト



UserTag: 鉄道 
Thema:鉄道旅行
Janre:旅行