アクセス解析
【落武者魂】 11 AACR

落武者魂

L  O  S  T     S  Q   U  A  D  R  O  N  .

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルプスあずみのセンチュリーライド2011

 雨天走行というのは走ってしまえば案外気にならない(なるけど)んだけど、走る前は超憂鬱。特に雨天が決まりそうな数日前から前夜くらいまで。それでも後半は雨ではない、とか初めは雨じゃないとかだとまだいいんだけど・・・。終日雨となると「この際超豪雨になって主催者判断で中止してくれないかなあ・・・」とか思っちゃうくらい。去年のアルプスあずみのセンチュリーは雨天の予報がなんとか持ちこたえてくれたので助かったのだけど、今年はどうも無理そう。どんどん天候悪化が伝えられてくる・・・。うーん。。。片づけが面倒だよねえ・・・。特に分割とか合体とか変形とかするし、うちのタンデム・・・。

 

 そんな具合でかなりモチベーション下がってるスタート前です。ほぼ雨天フル装備、フルアーマー状態で雨天もただちに健康に被害がないレベル。やがて浸水してくるのは確実だけど、直接雨が当たらないだけでもかなり違うのです。

 

 しかし今回は旅の仲間もいます!去年夏に美ヶ原でお会いしたTさんです。AACR(あるぷすあずみの・・・の略称)にお誘いしたところ、ご一緒していただけることに。どうも例年はセルフディスカバリー王滝に参加されているようなのですが、ご夫婦でお供していただきました。というか、前夜に泊めていただいたりディナーを振舞っていただいたり・・・。ありがたいありがたい。

 Tさんのタンデムはプログレッシブのタンデム。希少な国産タンデムでコストパフォーマンスがよく、ディスクブレーキ台座もあるなどけっこう手がかかっています。

 さて、雨天のスタート。まあ走り出してしまえば案外大丈夫。ただ注意しなくてはならないことが多いので、気は疲れます。路面の状態(グレーチングとかね)や前走者との距離など。ブレーキはやっぱり効きにくくなりますが、雨天のロードとはそう変わらなかったかな。去年秋の淡路島も後半は台風な雨でしたが、ブレーキで怖いことはなかったからそんなものなのか。でも、重量と速度があがるとブレーキの効きは急激に悪化するはずなので気をつけないと・・・。ドラムブレーキは見事に効果を発揮していました。こういうときは便利です。

 CP1まではスタート直後なので自転車渋滞するかなあ、と思ったのですがけっこううまい具合にばらけて不安なく。CP2では見事な豚の丸焼きが。そういえば豚の丸焼き引換券があったので、のちほどひとり一個豚の丸焼きを引き換えていただけるに違いありません。

 

 雨でも気にならないと書いたけど、やっぱり気はめげますね。あと上りに弱すぎ・・・。どっかでタンデムの登坂練習しておかないとな。道志道みたいなところがいいのかな。と、思ってたら折り返しのチェックポイントに到着。今回は残念ながら160km、150kmコースの参加者も90kmコースに変更です。まあ、お昼遅くなると台風の影響が強まるみたいだから仕方ないです。サイクリングイベントなので、あまりストイックでも困るし(w

 

 国営アルプスあずみの公園のトイレ。超豪華。トイレ入ってたら国土交通省にお金があるころに作られたから・・・という声がどこからか聞こえてきました。特に周りに売店や駐車場があるわけでもないただの公衆便所ですが。ウォッシュレットつきなので最高クラスです。

 

 折り返しポイント。

 

 白馬のポイントで用意されるはずだったものまでここに来ているので、エイドの充実さが異常。おにぎり、豚汁、古代米ごはん、ワラビもちその他。なんでも豊富にそろってます。そういえば今年は大町のライドは100kmコースが新設だそうです。たぶん行く。

 
※がんばれパイロット!妻を背負いて行く道を。

 雨脚が強くなる帰路。子供参加者が僕らを見てものすごい勢いで叫びます。いいリアクションだ・・・ちょっとよすぎるリアクションだ(w そしてようやく豚の丸焼きに。残念ながら切り出したものです。でも、DNSが多かったのでいくらでもおかわりできそうな状況・・・。だいたいこういうイベントでは遅めに走ったほうがエイドのあまり物をガンガン食えてお得。なくなってるときもあるけど。

 

 残り数キロをまったり走ってゴール。

 

 ゆるやかでのびのびしたコース。クルマの量も少ないしほんとうにうらやましい。来年は晴れてくれるといいんですが。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。